Football イラスト

プロ野球選手 or Jリーガー

毎日黙々とトレーニングしている親子。

私は毎朝ウォーキングをしています。
晩秋時分のAM6時は、まだ暗いですね。ただ、途中朝焼けが見れるので毎日楽しいです。
また、微笑ましい光景が見れるのも嬉しいです。私が歩くウォーキングコースには、小学校があります。

毎日、若いお父さんと小学校低学年と思われる男の子、更に幼稚園児と思われる男の子と3人で校庭を黙々と走っています。さすがに、幼稚園児の方はただ座って見ているだけの時もあります。激しい雨などの時は、私は歩きませんので分かりませんが、親子3人は恐らく毎日のように走っていると思われます。将来の目標に向かって、日々トレーニングをしているのかと思ったりして見ています。

基礎体力はついているので、小学校低学年と思われる男の子は、体育の時間には殆どの種目は上手にこなせているのではと想像します。プロ野球選手 or Jリーガーを目指しているのでしょうか?
あるいはオリンピックでしょうか?早い時期にスポーツ遺伝子が分かれば、もっと効果的なトレーニングもできるのにと思ったりもします。親子3人、これからも頑張って下さいね。応援しています。

【PR】潜在運動能力を発揮する為に エクササイズ遺伝子分析キット

子供は、勉強、スポーツ、音楽等々、全般的に云えると思いますが、最初に良い結果を出し感動を体験すると、
その特定のことに没頭していく傾向があると思われます。例えば、最初の野球の試合でヒットを打ったり、
最初のサッカーの試合でたゴールを決めたりとかです。

それは、たまたまかもしれませんし、いわゆるビギナーズラックかもしれませんが、そこから練習に励んで上手く なっていく子供もいます。しかし、その選択が本当に間違っていないかどうか心配ですよね。
それではどうしたら良いでしょうか?

スポーツ遺伝子検査をすることによって、その裏付けがとれれば鬼に金棒ではないでしょうか。
それに、競争相手が多ければ難しくなります。子供の得意な分野で勝負させてあげたいです。
また、選択が間違っていたなら、早い時期に方向転換のアドバイスができます。

子供が選んだスポーツが、遺伝子的にも合致することが分かればモチベーションも上がりますよね。
そういう良い結果を活用するには、自我が芽生える11歳から12歳頃までに遺伝子検査をするのがベストだと思います。

【PR】潜在運動能力を発揮する為に エクササイズ遺伝子分析キット