Football イラスト

子供をスポーツ選手にしたい

子供をスポーツ選手にしたいなら、実は次男が成功しやすいことご存知でしたか?

【野球界】これまでの偉人で次男だった人
・王貞治選手:日本人(富山県氷見市出身)の登美さんの二男として生まれます。
・長嶋茂雄選手:兄1人・姉2人の4人兄弟の末っ子として生まれます。
・イチロー選手:名前は一朗ですが次男。4歳年上の兄・鈴木一泰氏は、グラフィックデザイナーです。
・松井秀喜選手:父の昌雄氏と母のさえ子さんの二男として生まれます。

【サッカー界】これまでの偉人で次男だった人
・三浦知良選手:父 納谷宣雄氏、母 由子さんの次男。唯一ブラジルで成功した選手、長男は三浦泰年氏。
・歴代ワールドカップ代表メンバー。
中田英寿氏、川口能活、秋田豊、名良橋晃、相馬直樹、中西永輔、小村徳男、斎藤俊秀、山口素弘、小野伸二、
服部年宏、平野孝、曽ヶ端準、松田直樹、中田浩二、福西崇史、戸田和幸、明神智和、小笠原満男、西澤明訓、
中澤佑二、田中誠、坪井慶介、高原直泰、玉田圭司、大黒将志

・久保建英君:10歳でバルサ下部組織に入りました。
久保建英君のご両親は、次男のように育てるという面白い教育方針をが掲げています。
建英君は長男ですが、次男のように育てられたことで若くして頭角を表すことができたのでしょうか。
当時9歳で、世界最強のサッカークラブ「バルセロナ」に入団した久保建英君。
現在(2014年7月時点)は、アレビン(11-12歳のカテゴリー)に所属。バルセロナの下部組織に入るには、基本的には7歳以上の地元出身者が対象となります。 外国人の入団が認められても、原則13歳からです。しかし建英君は、技術のみならず、メンタルの強さや理解力、判断力が高く評価され、入団に至ったと云います。

スポーツで成功するには

スポーツで成功するには、基本的能力と後天的努力の両方が必要です。

2014年のサッカー・ワールドカップで、ドイツがブラジルに圧勝し、そして優勝したのには、本当に驚きました。 また、ツール・ド・フランスが、ツール・ド・ヨークシャーに変身してしまったのも信じられませんでした。 一見すると不思議なできごとのように思いますが、深い意味がありました。

ドイツがブラジルを破り、二輪車レースでイギリスが成功したのは、賢者によれば、努力は才能に勝るからだと云い ます。1万時間の練習を重ねれば、スーパースターになれることになっているそうです。
でも、私が1万時間練習したからといって、トップクラスのレベルには達しないことは残念ながらよく分かります。 ノーベル賞が欲しいからといって、元々かなり頭が良くないと駄目ですから。基本的能力と後天的努力ですね。

21世紀初頭のイギリスで、自転車競技に向いていそうな身体的特長をもつ青年は、国から資金援助や訓練施設を提供され、素晴らしい指導を受けることができたと云います。 決して大掛かりな事業ではなかったけれども、資源を集中することで、2番手扱いだった競技が世界クラスのスター選手を高い比率で生み出すことに成功したそうです。

しかしサッカーは、どこの貧困地区でもどの幼稚園でも、男子はほぼ全員、多くの女子は、サッカースターを夢見ています。 サッカーのトップ選手を生み出す人口の分母はもしかすると、他のどの運動より大きいのかもしれませんね。 その結果、サッカーの世界では「運」の比重は小さくなります。

人口2億人のサッカーに夢中なブラジルが、多くのトップ選手を出しているのは、至極当然です。
一方才能は必要条件ですが、イギリスの自転車競技のように、組織の力と努力のもたらす影響も大きいので、
人口8千万人のドイツが優勝したのも、同じように意外ではありませんね。

トップページに戻る